表具師店長の日記

令和4年の結婚記念日 !(^^)!

 今年の結婚記念日 (^^♪

店長夫婦の結婚記念日は、5月20日です。

例年その前後に旅行に行ったり食事に行ったりしておりました (^^)/

今回は急に思い立って、浜松に行って来ました!

何故浜松かと言いますと、ゴールデンウイークに旅行に行った娘から、静岡の 「さわやか」 と言うお店のハンバーグ

が滅茶苦茶美味しいと聞かされていたから、食べに行こうかと言う事で静岡で奈良に一番近い浜松にしたのです (^^;)

奈良県から静岡県と言うと、近い浜松と言えど 車で3時間から4時間掛かります・・・ (~_~;)

浜松の中でも一番西にある「さわやか細江本店」を目指して、朝7時頃に出発しましたが、到着したのは開店時間の

11時でした。

娘からは、「ゴールデンウィーク中は5時間待ちやった」 と聞いていたのですが、平日の今日は大丈夫だろうと思って

いたら、既に店内には待っている方がおられました (◎_◎;)

 

11時について14番・・・ 順番を待って娘推薦の 「げんこつハンバーグ」 を注文しました ヽ(^o^)丿

大きなハンバーグがレアの状態で持って来てくれて、テーブルで半分にカットし鉄板に押しつけ 「ジュー」 と音を鳴らして

焼き上げてくれました。 ビーフ100%のハンバーグなので、本当にステーキを食べているようで美味しかったです!!

 

食べ終えて店を出ると、既に店の外にまで行列が出来ておりました (^_^;)

今回の目的が達成されたので、この後はグルメツアーと言う事にしました !(^^)!

「うなぎパイファクトリー」でうなぎパイを食べ、「浜松と言えばうなぎ」 と思っていたので 「うな重」 を食べ、

今はやりの「浜松餃子」 も食べました (^^♪

そして帰りに名古屋に寄り、「矢場とん」 で味噌カツ を食べて帰りました ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

爆食いの結婚記念日でした (^^ゞ

ダイエットしなくては・・・ (^_^;)

2022/5/28  書く




古い襖の修理Vol.1 (^^♪

 襖の修理に取り掛かっております (^^)/

どんな仕事かと言いますと、古い襖で片面には金細工と山水・もう片面には金箔の上にボタンの図

が描かれています。この襖の両面を修理し、新しい下地を作って張り直します ヽ(^o^)丿

 

昨年の10月頃に受注しましたが、実際に襖の上張りを外したのは4月の終わりで、修理を始めたのは

10日ほど前です・・・ (^^;)

遠目に見ますとそれほど傷んでいる様には見えないのですが、近づいて見ますと四方が虫喰いだらけで破れてしまっている

ところもあるほどです・・・ (@_@)

それに加えて 過去に何度か修理をしてあるので、それをどうするかも問題になって来ます・・・

 

取り敢えず ふちを外しましたが、下地から虫喰いの木の粉が散らばりました・・・ (>_<)

上張りを外し受け紙を剥がしてみると、前回の修理痕が出てきました・・・

 

写真にも記入した通り、前回の修理で最初の裏打ちを捲っていなかったので、今回は前回の修理痕も

含め全て捲らなくてはならなくなりました・・・ (^_^;)

全て捲って綺麗にしてから 穴埋めと破れの補修に取り掛かりました (^^)v

そして 5日掛かって全ての穴埋めと裏打ち2回をし、上張り1枚目が完成しました \(^o^)/

 

上の写真 左側が、裏打ちを全部めくって修理を始めた状態で、右が裏打ちも終わり完成した状態です (^^♪

後 7枚の上張りが有ります・・・ (^^;)

全部仕上げるのに 何日掛かるのだろうか・・・

折を見て 報告させて頂きますね (^^)/


2022/5/27 書く




懐かしのベニヤ下地襖… (^_^;)

 懐かしのベニヤ下地の襖・・・

襖の下地と言えば、杉で作った組子(障子の様に細い木を縦横に升目に組んだもの)に和紙を何重にも

張り重ねたものですが、このベニヤ下地の襖は、単板襖とも呼ばれ、組子の上にベニヤ板の一番上の

薄い板(単板と言いますが)を張り付けた下地です。

多くは中部・東海地方で使われていた襖下地になりますので、関西圏ではほとんど使用されておりませんし

バブルの前位に良く使われていた襖下地です。

関西でも中部・東海地方で修業された工務店では使われていたようです (^^)/

店長の親父(先代)は、結構新しいものが好きで、倉庫に何枚か残っているのを見た事があります。

店長は使ったことがありません・・・


先日張替えを依頼され持って帰り解体してみると、ベニヤ下地の襖でした (◎_◎;)

 

店長の知っているベニヤ下地は、普通の下地と同様の厚みがあり、襖紙を張った後ふちを打ち付ける

のですが、お預かりした襖のふちは鞘状になっており、襖の下地を包むようになっていおりました。

その為下地は普通の下地に比べてかなり薄くなっておりました・・・ (^^;)

バブルの頃は沢山和室の多い家が建ちました。襖が沢山いるので量産できる襖下地としてベニヤ下地

も考えられたのだろうと思いますが、紙を張った下地なら、湿気でその紙が伸びたとしても乾燥すると

また元の様に縮んでくれますが、ベニヤの単板は湿気を含むと伸びて来て乾燥しても元通りに戻りません…

その為長い時間が経った下地の表面は 「トタン板」 の様に波打っています・・・ (~_~;)

下地をふちの鞘に入れ込まなくてはならないので、以前の襖紙は全て剥がし・包丁で綺麗に掃除をしました。

しっかりはしているので、そのまま受けを掛け上張りをしましたが、やっぱり少し表に凸凹を感じました。

ふち打ちも下地が少々波打っているので下地をふちの鞘に入れるのに難儀しました・・・ (^_^;)

 

この様な扱い難さから、ベニヤ下地は消えて行ったのだろうな… と思いました (^^ゞ


2022/5/10 書く




家族総出で白浜旅行 (^^♪

 このご時世 大きな声では言えませんが、マスクをしっかりとし 各所で手洗いうがいを励行して

先日 4月16日~17日で 白浜へ家族みんなで旅行に行って来ました (^^♪

恒例でやっている500円玉貯金を開缶したので、そのお金で行って来ました (^^)v

店長・嫁さん・長女家族(子ども2人で4名)・長男・次女家族(子ども一人で3名) の計10人 でした!

 

トヨタハイエースグランドキャビン と言う10人乗りの車を借りたので、1台で行く事が出来ました。

「行先は白浜でアドベンチャーワールドに行こう!そしていちご狩りをしよう!」 とだけしかみんなに言って

ませんでした… 嫁さんにも内緒にしておりました… (^^ゞ

何故か… それは 「ホテル川久」 を予約していたからです ヽ(^o^)丿

「ホテル川久」 は 3月にもテレビで話題になっていた 「お城の様なホテル」 で、 晩ご飯のビュッフェは、

「王様のビュッフェ」 と呼ばれている超豪華なものなんです!


朝早くに店長宅を出発して一路アドベンチャーワールドを目指しました。

アドベンチャーワールドでは、パンダや野生動物・イルカなどの水棲生物に 子ども達も大喜びしてくれました!

 
 

4時頃まで遊んで、ホテルに向かいましたが、みんなは何処に向かっているのか知りません… !(^^)!

ホテルの正面が見えてきた頃に 「今日のホテル見えてきたよ」 って言うと、みんなが 「エッ! うそ!

このホテル?」 「無茶凄いやん・・・!」 「こんなホテル予約できたん???」 と みんながビックリして

くれました ヽ(^o^)丿


サプライズ大成功です!

チェックインして部屋に入るとまたみんなの叫び声が聞こえました!!

2部屋予約したのですが、このホテルは全室スウィートなので、一部屋が一部屋ではなく二部屋以上

あります。 それに予約した二部屋はコネクトルームなので二部屋が一体化していました・・・

部屋が4つも5つもあるような大きな部屋にみんなで泊まった様な感じです (^^♪

だからみんなが 「凄い! 凄い!」 の連発でした!!

 

 



そして とどめは晩御飯! 「王様のビュッフェ」 でした (^^)/

大きなステーキ・揚げたての天ぷら・握りずし・盛り放題の海鮮丼・そしてデザートまで ・・・

みんな 「美味しい! 美味しい!」 と言って お腹が破裂しそうなくらい一杯食べてくれました \(^o^)/

500円玉貯金だけでは ホテル代すら出なかったので、足りない分は店長の貯金から賄いましたが、

これだけみんなが喜んでくれたので行った甲斐がありました \(^o^)/

 

 

 

今回の旅行の二日目の写真です (^^♪

朝食もバイキングに大満足で大満腹になりました (^^;)

その後 水中展望塔・三段壁・千畳敷へ行き とれとれ市場でお土産を買いました ヽ(^o^)丿

 

 

 

いちご狩りはみんな沢山食べて楽しそうでした \(^o^)/

  

 


次回はいつになるか分からないけど、次回に向けて少しずつ蓄えて行こうと思います (^^)/


2022/4/27 書く




店長の健康管理 (^^ゞ

 先日 MB(メタロバランス) 検査 と言うものを受けてきました!




「メタロバランス がんリスクスクリーニング検査」 と言うらしいのですが、簡単に言うと 6mlの血液を採取し

がんのリスクがどれくらいあるかを調べる検査です (^^)/

調べられるがんの種類は、

 男性 : 大腸癌、胃癌、肺癌、前立腺癌、すい臓癌、肝臓癌  の6種類
 女性 : 大腸癌、胃癌、肺癌、乳癌、子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌、すい臓癌、肝臓癌  の9種類

だそうです。

費用も人間ドックに入る事を考えると格安なので、夫婦そろって昨年より受けています (^^♪

この検査で確実に分かるとは思いませんが、自分の体に気をつける習慣になればと思っています (^^;)

還暦を過ぎると体は確実に老化していますので、健康管理はしっかりして行きたいですね ヽ(^o^)丿

孫の結婚式くらいは参加したいものです ・・・ (^_^;)


それから、新型コロナワクチンの3回目の接種もしてきました !(^^)!

今回は店長一人で行って来ました。 

 


と言うのも 嫁さんは2月の末に接種したからです。

店長も一緒に接種しようと思っていたのですが、「1週間後に東京マラソンを走ります(文字をクリック!)」

とお医者さんに言うと 「接種はやめときなさい・・・」 と言われたんです (>_<)

今回はモデルナ社製のワクチンです。

1回目・2回目がファイザー社製 だったので交互接種を選択しました (^^)/

交互接種の方が、抗体値の上昇率が高いと言われていたのでそうしましたが、副反応もその分高いとの

事だったので心配しましたが、打ったところが痛かっただけで大丈夫でした!

これで 少しは気持ちも楽になりました (^^ゞ

でも 感染対策はしっかりとして、日々の生活を送って行きたいと思います !


2022/3/22 書く




大変だった額の修理 (^^;)

 最近額の修理をよくしております (^^♪

それも 傷みが酷いものが多いです・・・ (^^;)

その中でも印象深い額の修理を2点ほど紹介させて頂きます。


【虫喰いが多い本紙】

この額は、本金の砂子振りの上に本紙を納めてあり、アクリルやガラスの様な保護材は入っておらず、

更に飾ってあったのではなく、別室にて保管されていたそうです。

その保管が不十分で虫に喰われたと言う事です。




どの様な修理をするか相談させて頂きましたが、本金と本紙の両方を修理して欲しいとの事でした。

本金砂子はベースが鳥の子なので紙厚がそこそこあり、裏から同じ様な砂子の紙を当てても段差が出て

修理痕が目立ちます。そこで虫喰い穴の裏側から穴に向かって鳥の子紙を薄くそぐことで穴の周りの

厚みを薄くした後、似た様な砂子を当てる事にしました (^^♪

本紙も虫喰いが多かったのですが、裏打ちをめくってみると想定以上の虫喰いでした・・・(^^;)



 



本紙と似た様な色に画仙紙を染め、虫喰いの穴に当てて分かり難くしました (^^)v

本紙・砂子共に修理をし、下地に納めて完成しました ヽ(^o^)丿




 


【特殊な絹の本紙 】

特殊な絹と書きましたが、現在ではそう見ないような気がするのでその様に書きましたが、昔の掛け軸や

額には良く使われていた 「絖(ぬめ)」 と言う絹です。




絖を使った本紙を「絖本(こうほん)」と呼びますが絹本の一種です。

絹本は生糸を平織りした織物ですが、絖本は練り糸を繻子織りした織物で光沢があります。

ただ、薄く柔らかいので扱いが難しいです・・・(~_~;)

こんな薄い絹にどうやって文字を書いたのか不思議なくらいです (^^;)

この絖に書いた本紙で、既に何度か修理をされている額を再度修理して欲しいと依頼されました。

その本紙には前回の修理痕や本紙の欠落部分それに本紙織り目の撚れなどがありました・・・

とにかく前回の修理時に施した部分の撤去が必要になります。

 


全体に水をして裏打ち紙の除去をしましたが、部分的に絹が重なっている様に感じました。

ゆっくりと持ち上げると、新しい絖を破れが多い部分にかぶせて張り付けていました…(◎_◎;)

絹の上に絹を張り付けるのは聞いた事も見た事もありませんでした!

店長としては 「よく浮きもせず収まってたなぁ…」 と言うのが感想でした (^^;)

その絖も取り外し、元々の絹1枚にまでしました (^^)/




一度乾燥させてみると、穴の状態や色合いが良く分かります。

かなり破れていました・・・  それに かなりの糸が撚れていました・・・

乾燥させた絖の色に合わせ、美濃紙に矢車(やしゃ)の染料で色を付けました。




似た様な色合いに仕上がったら、本紙を再度湿し撚れている糸を少しずつ直しました (^_^;)

その後色を付けた美濃紙で裏打ちをしました (^_^)v

色付けが上手く行ったので、表から見てもほとんど違和感なく仕上がりました ヽ(^o^)丿

施主様にも喜んで頂けました (^^♪




2022/3/21 書く





東京マラソン2021に参加しました (^^)/

 3月6日 東京マラソンに参加してきました!

東京都にもまだ「蔓延防止等重点措置」が発令されておりましたので、どうするか悩みました… (T_T)

でもその中でも開催すると言う決定をした東京マラソン財団は、専門家の意見を聞き・それに合った

規制等をしての開催決定になったと思ったので、店長も参加する事としました。

コロナ禍でのマラソンの必需品(?)となった 体調管理アプリ(10日前から体温と体調を入力)・PCR検査

受付の日時の事前予約・受付での顔写真確認(通常もしますが、体調管理アプリに登録し受付でその

写真をロックし その写真を持ってスタートゲート入場許可となりました・・・) ・荷物預かり無し・更衣室無し

走る服装でスタート地点に行く など です (>_<)

 

 

本当に面倒くさい事だらけでしたが、何とかすべてクリアする事が出来、スタートラインに立つ事が出来ました ヽ(^o^)丿

スマホやパソコンの操作が苦手な方には特に大変な作業だったと思います… (~_~;)


東京マラソンの前日までに開催されているEXPOは、前に参加した時に感動したので、今回も嫁さんを

引き連れて参加しました。

思っていた通りの素晴らしいEXPOでした (^^♪

試供品も沢山もらってきたし、写真も一杯撮りました (^^)/

 

 


マラソン当日早朝は、やはり寒かったのですが、時間が経つにつれ暖かくなって来ました。

ただ、上着も無しで走る服装だからやはり寒いです… (>_<)

ブロックに入る前にトイレに行ったのですが、スタートまで20分くらいあった為、スタート間際にまた

トイレに行きたくなってしまいました・・・ (~_~;)

 

  


と言っても行く事が出来ないので、スタートしてから1km先にあるトイレに駆け込みました… (>_<)

コースに戻って時計を見るとスタートボタンを押し忘れていたんです (◎_◎;)

すぐにスタートボタンを押しましたが、GPSを捉える前に走っているので何か調子が悪くなってしまいました。

更に悪い事が起きたんです…  4km辺りの道路が、片側4車線程の広い道だったので、反対車線迄

行ってやろうと思って中央分離帯を横切ろうとした時、右足首を軽く捻挫してしまいました (T_T)

中央分離帯の部分に僅かな段差があったのですが、それに気付かず乗り上げてしまったのです。

 


走り続けると何とか行けそうだったので、そのまま走り続けたのですが、無意識のうちに右足をカバー

していた様で、30km辺りで今度は左足のアキレス腱が痛み出しました… (>_<)

走り方を変えたり工夫して34kmと41kmで応援してくれていた嫁さんと息子に笑顔を見せて何とかゴール

する事が出来ました!

 


15kmくらいから見失ったタイガーマスクを40km手前で一度は抜かしましたが、最終的には抜き返されました… (^^;)

 


今回はアップダウンの少ない高速コースと言われていたので、自己ベスト更新を目指しておりましたが、

叶わず 3時間28分18秒 (左のタイムをクリックすると詳細が見れます(^^)/) と言う結果でした ヽ(^o^)丿


応援してくれた嫁さんに息子・マラソンを開催してくださった財団関係者の皆さん・ボランティアの皆さん

本当に有り難うございました m(__)m

来シーズンこそ自己ベストを更新できるよう鍛え直します (^^)/


2022/3/13 書く




久しぶりのあんどん張り (^^)v

 久しぶりに 「 あんどん 」 の張り替えをさせて頂きました ヽ(^o^)丿

今までも色んなあんどんの張り替えをやっておりますが、今回はちょっと今までとは違いました!

一見簡単そうに見えますが、角を出すのが難しそうです… (^_^;)

 

平らな部分が多く、今までのあんどんに比べると楽勝かな… と最初は思いました (^^;)

店長日記に書いたあんどんを見返してみると、型取りをする部分が多く 其々の形もかなり違うので

時間もかなりかかったと思います・・・

  

上の様なあんどんでした。 写真をクリックして頂くとブログページに移動しますので読んでください (^^♪


今回は一つのマスが結構大きく、元張っていた様な堅い紙ではなくプラスチックを練り込んだ少し柔らかめ

の障子紙を使ったので、真っ直ぐにピンッと張るのが難しかったです (^^;)

その為 最初張って弛んだところを伸ばそうと、霧吹きで水を見せると、角を引っ張り合いして大きな皴が

出てしまいました・・・(>_<)

せっかく張った紙を剥がしてしまい、再度紙を用意し張り直しをして、今度は霧吹きを掛けずにそのままの

状態で数日置いておき持って行く事としました。

と言うのも 蛍光灯の笠なので、結構熱を持ちます。

ゆるいドライヤーを当てているみたいなものなので、じわじわと伸びて行くだろうと考えたからです (^^)/

施主さんにその旨をお話し、納得して頂き、無事納める事が出来ました ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

 

今までの経験があったからこそ、今回の仕事に繋がったと思います。

また、この店長日記も仕事に繋がりました (^^♪

施主様にお話をお伺いすると、「あんどんが汚れているので張り替えたいと思っていたが、何処に言って

良いか分からなかった。ネットで 「あんどん」 を検索すると、あんたとこのが出てきたんや (^^)/」 と言って

下さいました \(^o^)/

これからも色んな事を書いていきたいと思います (^^)/


2022/2/26  書く




嫁さんの両親の傘寿祝い (^^♪

 先日 嫁さんのご両親の傘寿(80歳)のお祝いをしてきました (^^♪



昨年の9月にお祝いをしようと話しておりましたが、コロナ感染の拡大を受け、延期しようと言う事になり、

今年の2月前半に九州へ行く用事があったので、その時に合わそうと言う事になりました。

今年の1月はコロナ感染もかなり落ち着き、お祝い会も盛大に出来そうだと思っていたのですが、1月の

半ば過ぎた辺りから、徐々に第六波 が押し寄せて来ましたので、開催をどうするかと悩みました (T_T)

東京在住の甥っ子達は 早々に欠席と言って来ました。

店長もどうするかかなり悩みましたが、両親の健康状態を考えると、再度延期した時 今度いつ出来るか

分からないだろうと嫁のお姉さんも言ってくれたので、意を決して九州に渡りました (◎_◎;)

会場は 別府市にある 「杉乃井ホテル」 と言うところです。

昔は 杉乃井パレス と言う 健康ランドの様な施設だったのですが、最近高級ホテルに生まれ変わり、簡単

には泊まれないホテルになったそうです… (^^;)

杉乃井パレスには何度か行った事があったのですが、杉乃井ホテルは勿論初めてでした (^^♪

その杉乃井ホテルのお偉いさんのある人が、若いころ両親に世話になったからと特別に良い部屋を安く

用意してくださいました ヽ(^o^)丿

ホテルから、長寿のお祝い用として「黄色のちゃんちゃんこと帽子」 を用意してくれました。

それを両親に着てもらい、参加できなかった孫たちも一緒になって作ったメッセージビデオを上映し、お祝い

のプレゼントをそれぞれ渡して 両親に喜んでもらえました (^^♪

 

両親は何と結婚60周年でもあったのです \(◎o◎)/!

何時までもお元気でいて欲しいです (^^)/

このホテルには温泉プールやボウリングもあり、みんなで楽しいひと時を過ごすことが出来ました \(^o^)/

 


2022/2/23 書く




昨年の思い出深い仕事 (^^♪

昨年の仕事をふりかえってみて、印象に残ったお仕事を書いてみたいと思います・・・ (^^)/

昨年も例年通り、掛け軸の修復が大半を占めておりました。

その中でも 昨年はお寺さんや神社さんにお性根抜きやお祓いをして貰わなくてはならない掛け軸が

例年よりも多かったような気がします (^^)v

 


また身内の話で申し訳ないのですが、息子経由で 作家さんの水墨画を表装させて頂きました!

またそれが、オークションに出品されて、「表具師高梧堂の嶋岡さんとのコラボ…」 とYouTubeにも流して

頂きました (@_@)

 


久しぶりに作業台を拡張しなくてはならない大きな衝立の修理もさせて頂きました ヽ(^o^)丿

気が付いたら衝立の上部がバリっと裂けていたので、何とか出来ないかとのご依頼でした・・・

胡粉をふんだんに使った絵だったので、胡粉が流れない様慎重に滲み止めを施しました。

ただ、画面が大きすぎるので、全面に滲み止めをするのにかなりの時間が掛かりました (>_<)

でも 仕上げてお届けすると、「こんなに綺麗に仕上がるんやなぁ…」 と言って喜んで下さいました (^^)/

 

 

 



昨年末に作業させて頂いた 3尺×6尺(91cm×182cm)の大きな額は非常に印象に残っております!

その大きな額を横にしてその中に 22.5cm×162.5cm の板を3本並べ、その上に本紙を納めると言う

物でした。 この額を2枚作りました ヽ(^o^)丿



上の図がその時施主様にお渡しした図案です。

更に その本紙と言うのが、1枚当たりは丈23cm幅30cm程ですが、約50枚を継いで6本の板に納め

なくてはならなかったのです!

額の中に板を置く仕様と言うのは、「浮き出し」と呼ばれるものです。

一般的な額である「ベタ張り」よりも費用がかさむので、当店では注文されたことがありませんでしたので、

店長としては初めての体験でした (^^;)

奈良県には書道を専門に学ぶ高校があります。 部活動ではなく学科です (^^)/

そこの生徒さんの卒業書作展へ出品する作品の製作依頼でした (^^)v

店長としてもどう手を付けて行けば良いかかなり悩みました・・・

1枚ずつ裏打をしてその後継ごうか・・・? 必要な分だけ継いでその後裏打ちをしようか・・・?

先に裏打ちをしてしまうと継ぎ手が厚くなり目立つかもしれないと考え、先に継いだのですが間違いでした…

  

全ての紙を継いで裏打ちをすると、上の写真の様になりました (^^)/

原本に忠実に書いておられるので、紙の大きさ(幅)も様々でした・・・ 上の写真を拡大しますと

 

色が様々だし 1行だけの紙継ぎ(右写真)もありました (^^♪


何が間違っていたかと言いますと、其々の料紙の性質が違い、湿りを入れると大きく伸びる紙や殆ど

変化しない紙があったからです (>_<)

先に継いでしまうと継ぎ手が伸びの違いによって攣ってしまったのです・・・ (T_T)

攣ったところは継ぎ手を外し、攣りを解消した上で糊を入れました (^^)/

また色の濃い料紙は湿りを入れると色が流れでる事もありました・・・ (~_~;)

色々と悩みながら作業をして、何とか納め 額は完成しました。



そして施主様にお見せしたところ、とても喜んで頂けました \(^o^)/

卒業書作展を観に行きましたが、その作品が一番輝いていました (^^♪

 


2022/1/28 書く




当店の紹介
当店の実績
奈良県桜井市 お礼の品一覧ページはこちら
 なび奈良

奈良県桜井市の大神神社(三輪明神)の参道にお店がある大正12年創業の老舗 高梧堂(こうごどう)嶋岡表具店です。
近くには、邪馬台国卑弥呼の遺跡として有名な纏向遺跡があります。
古くなって傷んだ掛け軸・額・屏風等を1級表装技能士であり文化財保存修復学会会員であるベテラン表具師が責任を持って修理修復します。
又、書画などを掛け軸や額に表装(新調)致します。 大阪京都は出張見積り無料。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

の日は商品の発送はお休みさせて頂きます。
メールの返信やお問い合わせにつきましては、在宅時は対応させて頂きます。

お友達リンク
三輪の地図
あんしんクレジットカード決済システム

表具師店長の日記

嶋岡店長

こんにちは!店長兼表具師の嶋岡です。

京都で修行を積み、この道一筋35年。数々の古い表具の修理修復をしてきました。
お客さん第一で、納得のいってもらえる仕事をモットーとしております。
お気軽に声をお掛けください。
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ