屏風の修理修復は非常に大変な作業となります。まず、蝶つがいです。これは紙で出来ている為裏にも表にも曲げることが出来ます。そして隙間が空きません。金具の蝶つがいを使うと、金槌でポンポンと叩くだけですが隙間が出来ます。上張りをするのも複数舞の襖が引っ付いているので簡単にはいきません。

蝶つがいが切れた屏風は結構邪魔になるらしく処分の対象になるものも沢山あり残念な限りです。

また、金箔を施した上に極彩色の絵が描かれている場合が多く有ります。この場合、この絵の具が水で流れないように処理をしてから作業にかかります。その為費用も沢山かかります。

でも、一つくらい家に置いておきたい日本の文化です。

屏風の仕立て直し

屏風の仕立て直し

これは、6曲屏風に張ってあった本紙を2曲の隅立屏風に仕立替えたものです。6曲屏風は中々置くところがなく、このように2曲に仕立て替える事で粋に行くように思います。

 

屏風修理修復例
屏風修理修復例

お見積もりボタン

表示切替: 並び順:
1件中1件~1件を表示

商品一覧

1件中1件~1件を表示

当店の紹介
当店の実績
奈良県桜井市 お礼の品一覧ページはこちら
 なび奈良

奈良県桜井市の大神神社(三輪明神)の参道にお店がある大正12年創業の老舗 高梧堂(こうごどう)嶋岡表具店です。
近くには、邪馬台国卑弥呼の遺跡として有名な纏向遺跡があります。
古くなって傷んだ掛け軸・額・屏風等を1級表装技能士であり文化財保存修復学会会員であるベテラン表具師が責任を持って修理修復します。
又、書画などを掛け軸や額に表装(新調)致します。 大阪京都は出張見積り無料。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

の日は商品の発送はお休みさせて頂きます。
メールの返信やお問い合わせにつきましては、在宅時は対応させて頂きます。

お友達リンク
三輪の地図
あんしんクレジットカード決済システム

表具師店長の日記

嶋岡店長

こんにちは!店長兼表具師の嶋岡です。

京都で修行を積み、この道一筋35年。数々の古い表具の修理修復をしてきました。
お客さん第一で、納得のいってもらえる仕事をモットーとしております。
お気軽に声をお掛けください。
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ