セール情報

端午の節句特集



皆さん、5月5日は 「 端午の節句 」 ですね !

「端午の節句 」 について、少々ご説明したいと思います。


■ 何故5月5日?

 端午の「 端 」 は文字通り 「 物のはし つまり 始まり 」の意味で、月の初めの 「 午 」 の日 を指しました。
後に、「 午(ご) 」 は 「 五(ご) 」に通じることから毎月5日となり、 やがて 5 が重なる 5月5日になったと言われています。
5節句の一つで、平安時代より 身のけがれを祓う大切な行事だったそうです。
この日には、強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。




■ なぜ男の子の節句?

 鎌倉時代ごろから、「 菖蒲 」 と 「 尚武 」 の読みが同じであること、また菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになったと言われています。
また この日には、「 ちまき 」 や 「 柏餅 」 を食べますが、「 柏の木 」 は新しい芽がでるまで古い葉を落とさない事から「 家督が途絶えない 」 縁起物として好まれました。
江戸時代には、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。
庶民の間では、幟の代わりに 「 鯉のぼり 」 を立てたり、紙の兜や人形を作るようになり、武者人形などを飾ったりするようになりました。




■ どのようにする?

 説明しましたように、端午の節句は、男の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての行事です。
「 鎧兜 」 や 「 五月人形 」 や 「 鯉のぼり 」 は、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄や魔物を除けてくれる魔除けであり、災厄除けの守り神のようなもの。気持ちの問題ですが、省略せずにきちんとお祝いしてあげて欲しいと思います。




 ただ、「 鯉のぼり 」 を立てるにはそれなりの場所が必要です。「 鎧兜 」 や 「 五月人形 」 は かなり高価です。

 当店では、お手頃な価格の掛け軸をご用意しましたので、掛け軸だけでも お床に掛けていただければ如何でしょうか?


 お子様のお祝いを是非ともして頂きたいとの思いから、下記の「 端午の節句 」 の掛け軸を、

 当店販売価格の1割引 にてご奉仕させていただきます。

この機会に、是非ともお求めください。


【 高級肉筆掛け軸 】
値段は高いですが、「やはり肉筆でなくては」と言う方にお勧めします!
 

【 お手頃印刷掛け軸 】
印刷物ですが、お手頃価格の掛け軸をお探しの方にお勧めします!
 


コメントする

名前

URL

コメント

当店の紹介
当店の実績
奈良県桜井市 お礼の品一覧ページはこちら
 なび奈良

奈良県桜井市の大神神社(三輪明神)の参道にお店がある大正12年創業の老舗 高梧堂(こうごどう)嶋岡表具店です。
近くには、邪馬台国卑弥呼の遺跡として有名な纏向遺跡があります。
古くなって傷んだ掛け軸・額・屏風等を1級表装技能士であり文化財保存修復学会会員であるベテラン表具師が責任を持って修理修復します。
又、書画などを掛け軸や額に表装(新調)致します。 大阪京都は出張見積り無料。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

の日は商品の発送はお休みさせて頂きます。
メールの返信やお問い合わせにつきましては、在宅時は対応させて頂きます。

お友達リンク
三輪の地図
あんしんクレジットカード決済システム

表具師店長の日記

嶋岡店長

こんにちは!店長兼表具師の嶋岡です。

京都で修行を積み、この道一筋25年。数々の古い表具の修理修復をしてきました。
お客さん第一で、納得のいってもらえる仕事をモットーとしております。
お気軽に声をお掛けください。
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ