カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

襖の簡単修理 〜 破れの補修 〜

【 襖の簡単修理 】

「 お掃除をしていて、掃除機の吸い込み口が襖に当たった!」 とか

「 ゴルフクラブが襖に当たって穴が開いた!」 と言うようなことは有りませんか?

こんな時にお役に立つ 簡単な襖の補修方法をお教えしますね (^^♪

用意する道具ですが、

 【 ハガキの様な薄くしっかりした紙 】

 千枚通しの様に先のとがったもの 】

 霧吹き

 【 洗濯糊

 【 薄手のヘラ ( ナイフを代用してもいいかも!糊を入れるのに使います ) 】

 【 薄手の柔らかい紙 (糊を入れた後 撫でるのに使います) 】

≪ 以下の手順で お試しください (まずは一通り読んでくださいね!) ≫


【1】 襖を床などに平に置く

【2】 霧吹きで 破れの周囲をなるべく大きめに湿す。
古い襖は埃が溜まっているので、1か所に多くの水気が入ると「輪染み」が出来易くなります。
大きめに湿すことでそのシミをぼかすことが出来ます。
湿気を入れると襖紙が伸びて、当て紙を入れやすくなります。
 

【3】 破れの下に入れる当て紙のサイズを決めます。当て紙はハガキの様に薄くしっかりした紙が良いです。
破れの一番大きな場所から当て紙を入れるように考えます。
入れる部分の幅は一番広い所より少し狭く、反対側は一番広い所より広くします。
 

【4】 左の説明の様にして当て紙を切り取ったところ。
上の写真のような向きに収まると破れが完全に隠れます。写真【2】の青い四角形の大きさです。

【5】 当て紙を破れに入れてしまうと方向転換が出来ないので、千枚通しのような先のとがった物で 表面に沢山の穴をあけておきます。
これは破れに当て紙を入れた後、穴に千枚通しの先を入れて 当て紙の向きを変える為です。
 

【6】 実際に破れに当て紙を入れているところです。【4】の写真と見比べれば分かりますが、最終的に収まる形と違いますね!
このまま入れ込んで、90度左に回さなくては同じにならないです。

【7】 向きを調整した後、ハガキの上にくる部分に糊を入れ、薄い紙を上に乗せてその上から撫でてください。


【8】 十分乾燥したら完成です。
パッと見は分からないでしょ!
襖紙の下に薄い茶色の紙が貼ってあれば、それを取れるだけ取った方が綺麗に収まります。

どうでしたか?

意外と簡単でしょう! 昔から襖の破れの補修は、このようにしていました。 先人の知恵です (^^)v

これからも色々紹介していきますね \(^o^)/

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ いのうえさま 喜んでい・・・

いのうえさま
喜んでいただけて 良かったです!
ちょっと難しそうな襖紙だったので、上手く行ってホッとしています (^^)v
何でもお尋ねくださいね (^^)/

店長 | 2013-11-23 06:52 |

■ ふすまの補修をしていた・・・

ふすまの補修をしていただいて、本当に助かりました。
ありがとうございました。
m(__)m
いのうえ | 2013-11-20 10:38 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15147&eid=155