カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

掛軸の様式

掛軸の様式は、大きく分けて

  1. 中国から伝承された形である 『 文人表具
  2. 我が国で創製された形である 『 大和表具
  3. その後現れた 『 台表具 』 に分けることが出来ます。

1. 『 文人表具 』 ・・・

「 丸仕立て(丸表装とも言う) 」 「 袋仕立 」 「 明朝仕立 」 などが代表的な仕立てです。
中廻しが無く、1種類の裂を 上下・柱 に 使った表装です。

2. 『 大和表具 』 ・・・「 真・行・草 」 の 3つの仕立てに分類され、さらに 「 真・行 」 は 「 真・行・草 」 の 3つに、 「 草 」 は 「 行・草 」 の 2つに分類されます。

「 真 」 ・・・最も 荘厳な仕立てで 「 仏仕立(仏表装とも言う) 」 と言われるように、仏画・仏関係の書 の表装に用いられます。
上下と中を本紙の周りに廻します。
一文字を廻すと 「 真の真 」 ・ 一文字だけだと 「 真の行 」 ・ 一文字を外すと 「 真の草 」 となります。
また、それぞれの裂の下に細い” 筋 ” を入れます。 下の図では黄色や紺色や水色の線ですが、裂の下に沈んでいる事から「 沈み表具 」 とも呼ばれます。



「 行 」 ・・・一般に最も多く用いられる仕立てで、「 本仕立 」 「 大和仕立 」上下・中・一文字の3つの裂を使う事から 「 三段仕立(表装) 」 とも言われます。
上下は廻さず、中のみを本紙の周りに廻します。
これも 一文字を廻すと 「 行の真 」 ・ 一文字だけだと 「 行の行 」 ・ 一文字を外すと 「 行の草 」 となります。
このバリエーションとして、本紙の周りに” 筋 ”を廻す 「 筋廻し仕立 」 ・ 上下と中に同じ裂を使い” 筋 ” で割った 「 筋割り三段仕立 」 もあります。




「 草 」 ・・・一般に 「 茶掛 」 と呼ばれるのが、この仕立てです。 仕立ての中では 最も軽い仕立となります。
「 行 」 の仕立てで 柱を 細くしたもの。 その幅は 3分(6弌砲ら7分(21弌砲噺世錣譴討い泙后
これには、一文字廻しは無く、一文字だけだと 「 草の行 」 ・ 一文字を外すと 「 草の草 」 となります。

3. 『 台 表 具 』 ・・・

小さな本紙を表装するときに用いる仕立てです。
例えば、「 扇面 」 ・ 「 短冊 」 ・ 「 色紙 」 等 を 表装するとき、これらの本紙を台となる紙にはめ込み 本紙を大きくする事で見栄えの良い掛軸に仕立てます。
この台表具から発展したのが、『 くり抜き表具 』 です。 これは、中廻しと台表具に使う本紙を合わせた大きさに中廻しの裂を用意し、その裂をくり抜いて 扇面等の本紙を納めた表具です。
この表具は、上記 1・2 を基本として ” 本紙の扱いが変わる ” と考えてもらったらいいと思います。
下図の左は 「 行の行 」 右は 「 筋割り三段仕立 」 の 応用です。

大別すれば以上の様になりますが、裂の取り合わせ・軸先の色や形 等によって さまざまな種類の掛け軸を作ることが出来ます。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 細井様 >使用する裂地の・・・

細井様
>使用する裂地の1万円程度のものはありませんか
とは、どういう意味でしょうか?
お問い合わせでしたら、ページ上部の『お問い合わせ』からお入りください。
よろしくお願いします。
店長 | 2016-03-14 23:07 |

■ 使用する裂地の1万円程・・・

使用する裂地の1万円程度のものはありませんか
細井 | 2016-03-10 19:30 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15147&eid=127