カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
表具店 高梧堂 > 表装 > 仏表装
仏表装は、『真』の表装とも呼ばれています。掛け軸の形は大きく分けると『真』『行』『草』の3つに分類できます(このことに関しては別のページで詳しく説明します)。仏表装はその中でも、最も重い表装の形です。裱褙(ひょうほえ)とも呼ばれています。 この形の特徴は、上下廻し・中廻し・一文字廻しの間に細い筋を入れます。それぞれの裏から張り付けるので沈んでいるように見える為、沈み表装と呼ぶこともあります。 とにかく、他の形に比べ仕立てに手間が掛かりますし、気も使います。だからこそ最高の形なのだと思います。お坊さんの衣と同じように、金襴を使うことが多いですね!

33カ所上合金襴仕立て 33カ所匠金襴仕立て 名号合金襴仕立て 名号金襴仕立て
33カ所本金襴仕立て 33カ所上合金襴仕立て 33カ所匠金襴仕立て 名号合金襴仕立て 名号金襴仕立て

涅槃図仕立て替え金襴仕立て 説法画仕立て替え合金襴したて
涅槃図仕立て替え金襴仕立て 説法画仕立て替え合金襴したて

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜18件 (全18件)

1件〜18件 (全18件)