カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
送料無料キャンペーン 
クリスマスバナー小 第46弾プレゼントバナー小

端午の節句特集

皆さん、5月5日は 「 端午の節句 」 ですね !

「端午の節句 」 について、少々ご説明したいと思います。

何故5月5日?

 端午の「 端 」 は文字通り 「 物のはし つまり 始まり 」の意味で、月の初めの 「 午 」 の日 を指しました。
後に、「 午(ご) 」 は 「 五(ご) 」に通じることから毎月5日となり、 やがて 5 が重なる 5月5日になったと言われています。
5節句の一つで、平安時代より 身のけがれを祓う大切な行事だったそうです。
この日には、強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。

なぜ男の子の節句?

 鎌倉時代ごろから、「 菖蒲 」 と 「 尚武 」 の読みが同じであること、また菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになったと言われています。
また この日には、「 ちまき 」 や 「 柏餅 」 を食べますが、「 柏の木 」 は新しい芽がでるまで古い葉を落とさない事から「 家督が途絶えない 」 縁起物として好まれました。
江戸時代には、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。
庶民の間では、幟の代わりに 「 鯉のぼり 」 を立てたり、紙の兜や人形を作るようになり、武者人形などをかざったりするようになりました。

どのようにする?

 説明しましたように、端午の節句は、男の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての行事です。
「 鎧兜 」 や 「 五月人形 」 や 「 鯉のぼり 」 は、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄や魔物を除けてくれる魔除けであり、災厄除けの守り神のようなもの。気持ちの問題ですが、省略せずにきちんとお祝いしてあげて欲しいと思います。

 ただ、「 鯉のぼり 」 を立てるにはそれなりの場所が必要です。「 鎧兜 」 や 「 五月人形 」 は かなり高価です。

 当店では、お手頃な価格の掛け軸をご用意しましたので、掛け軸だけでも お床に掛けていただければ如何でしょうか?

 お子様のお祝いを是非ともして頂きたいとの思いから、下記の「 端午の節句 」 の掛け軸を、当店販売価格の 1割引 にてご奉仕させていただきます。

この機会に、是非ともお求めください。

【 高級肉筆掛け軸 】 値段は高いですが、「やはり肉筆でなくては」と言う方にお勧めします!
 

 

【 お手頃印刷掛け軸 】 印刷物ですが、お手頃価格の掛け軸をお探しの方にお勧めします!
 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15147&eid=91

ページトップへ